卒業生インタビュー
卒業生 鈴木 泰子さん
鈴木 泰子
好きで選んだことはがんばれる。
アイサン通教で得た自信が、
私の原動力に。

子育てが終わって自分の時間ができ、何か新しいことを学びたいと思ったときに浮かんだのが建築でした。今の住まいや実家を建てた際、自分の想いがうまく形にならなかった部分があり、「もっと自由に設計できないのだろうか?」と、建築の仕事がずっと気になっていたからです。

東京で仕事をしているため、大学選びは通信制で東京にスクーリング会場があることにこだわりました。そしてもう1つ、受講科目が実践的かどうかも重要なポイントでした。子育て後の遅いスタートで新しい分野に挑戦するため、遠回りはしたくなかったんです。その点、アイサン通教は一級建築士として活躍されている先生方の実践的な科目が充実しており、私にとってベストな学校だと感じました。私はこれまで建築の仕事にかかわったことがなく、最初は不安もありました。でも、先生方はすごく親身で、レポートはやさしく丁寧に指導してくださり、前向きに取り組むことができました。入学前に想像していたよりもスクーリングが多く、先生方はもちろん、同じ志をもつ仲間と出会えたこともうれしかったですね。ときには一緒に食事をしながらおしゃべりして、学生に戻ったような気分に (笑)。さまざまな世代の方との交流はいい刺激になり、スクーリングが楽しみになりました。卒業研究でのゼミ活動もとても心に残っています。私は子どもや地域にかかわるボランティアを長年続けているので、子どもや高齢者がふれ合える複合施設の設計をテーマに選びました。荒川のスーパー堤防を緑豊かな施設にして街を活性化させるプランを作り、模型も制作しました。苦労もありましたが、取り組んできたボランティアと、大学での学びを融合させることができ、大きな達成感を得ました。

作業
作業
もちろん、通信制大学での学びは1人でがんばらなくてはならない場面も多く、決してラクではありません。私も通勤電車でテキストを読んだり、ネットで製図の動画を検索したりと、自分なりに工夫しながら真剣に学びと向き合いました。でもそうやって積み重ねた時間があったからこそ「好きで選んだことはがんばれる」という自信を持つことができたと思います。今は、いずれ建築の仕事に就くために二級建築士の資格取得を目指しています。これも決してラクではありませんが、アイサン通教での経験が、夢へ向かう私を支えています。



鈴木奏子さん
法律事務所勤務 造形学部建築学科 2019年度卒業
鈴木奏子さん
一覧へ戻る