子どもコース
保育や子育て、教育について深く考え、
信頼される保育士をめざす
厚生労働省は平成29年度末までに6.9万人の保育士を確保する「保育士確保プラン」を策定。
子どもを取り巻く保育環境の改善に向け、今、保育士が求められています。




より良い子育てとは?より良い保育とは? 子どもの心と体のこと、日本や世界の教育・福祉のこと等を幅広く学び、これらの問いを追究します。


 子どもや保護者に信頼される保育士をめざしたい

 子どもをとりまく社会的課題について深く考えたい

未来のフィールド
初級者から上級者までレベルに合わせた科目選択が可能
「子育て」と「保育」は異なります。ですが、子育ての経験は、一人ひとりの子どもの声を聴く力-保育士にとって最も大切な力-につながっているようです。子育ての時間は、“ブランク”ではなく、むしろ“キャリア”といえるでしょう。子どもとかかわる経験が少ない方には、保育園等での「保育ボランティア(専門ゼミナールD)」をおすすめしています。もちろん、教員も全力でサポートします。

コチラを参考に各々履修科目を決めてください。
※単位欄のはスクーリング科目です。

チェック
声